から
/室
◆検索方法

から
/室
◆検索方法
 

ANAクラウンプラザホテル宇部 食中毒発生に関するお詫びとお知らせ

2021.01.25

株式会社ユービーイーホテルズ(代表取締役:林三義)が経営するANAクラウンプラザホテル宇部(総支配人:久保政明)におきまして、2021年1月16日(土)にレストラン「サルビア」利用のお客様より黄色ブドウ球菌が検出されたことが判明いたしました。発症されましたお客様とそのご家族の皆様には、多大なるご迷惑をお掛けいたしましたこと心よりお詫び申し上げます。
併せて、日頃より当ホテルをご利用いただいておりますお客様、並びに多くの関係者の皆様に多大なご迷惑とご心配をお掛けし重ねてお詫び申し上げるとともに、このことを厳粛に受け止め、食中毒発生からの経緯および再発防止策について、謹んでご報告いたします。

1. 食中毒の内容
私共の運営するレストラン「サルビア」で2021年1月16日(土)に昼食を利用されたお客様より体調不良にて医師の診察を受けた旨、ご連絡があったため、山口県宇部環境保健所に連絡するとともに、当日ご利用のその他のお客様に連絡し、状態を伺った結果、6名のお客様に体調不良が判明しました。その後検査の結果、黄色ブドウ球菌が検出され、当ホテルで提供した料理による食中毒と判断されました。

2. 行政処分の内容について
上記の内容を受け、同レストランは本日1月25日付で山口県宇部環境保健所より食品衛生法に基づき以下のとおり営業を禁止することを命ぜられました。
処分店舗   : ANAクラウンプラザホテル宇部 レストラン「サルビア」
所轄保健所  : 山口県宇部環境保健所
処分の理由  : 食品衛生法第6条第3号の規定に違反したため
営業停止期間 : 2021年1月25日15時より28日24時
病原物質   : 黄色ブドウ球菌

3. 再発防止について
当ホテルにおいては、日頃より店舗従業員に対する教育のほか、定期的な専門機関による衛生検査や研修を行うなど衛生管理の徹底に努めてまいりましたが、このような食中毒事故の発生にいたりました。当ホテルといたしましては、この事態を真摯に受け止め、深く反省するとともに、再発防止に向けて以下の対策を実施し、お客様に安心、安全にご利用いただくために更なる衛生管理の強化を図ってまいります。
(1) 今般発生のレストランを含め館内全てのレストラン・バーの清掃、除菌の再徹底
(2) HACCP※ に準拠した調理に関する社員教育の再徹底
(3) 従業員の健康管理の再徹底

本件に伴い、お客様や関係者の皆様に多大なご迷惑とご心配をお掛けしましたこと、改めて心より深くお詫び申し上げます。

※HACCPとは、食品の中に潜む危害(生物的、化学的あるいは物理的)要因(ハザード)を科学的に分析し、それが除去(あるいは安全な範囲まで低減)できる工程を常時管理し記録する方法

以上

本件に関するお問い合わせ先:
ANAクラウンプラザホテル宇部
管理部長 山田 直樹
Tel:0836-32-1112 Fax:0836-22-0155
E-mail:naoki.yamada@anacrowneplaza-ube.jp